jMAXスポーツサポート

  • 新商品

    両面ファスナー式を採用しておりますので、脱着・調整も簡単。
    足首の崩れがなくなることで、自然な荷重移動が可能になり、使わなかった足の筋肉が強化されます。
    美フォームラボ(jMAXオリジナルシューズ)と同じで、骨格バランスが整い、O脚の矯正を実感できます。
    もちろん歩くフォームも整えます。

効果

jMAXサポーターは、かかと・拇指球・小指球の三点でしっかり体を支え立つことができるように設計されており、歩く際には 理想的な荷重移動の かかとから小指球拇指球への流れとなり、足の指もしっかり使い歩くようになります。

足についての学会発表で、約67%に足のアーチの機能に何らかの問題があると発表されました。 足のアーチを正常に戻すには、足の指を使って立ち・歩ける 美・フォームラボ が有効です。 アーチが弱ることにより、足首の崩れだけでなく、体全体のバランスの崩れにつながります。 足のアーチを正常に戻すことができれば、体のバランスが整うという事になります。 足の形状と構造を考慮し、整形した靴底の立体構造で、足裏の接地面を広げ足裏に分布しているバランスセンサー(メカノセプター)を働かせます。 メカノセプターが正常に働くようになれば、バランス良く かかと・小指・親指の理想的な3点で支持することができるようになり、良い姿勢を安定させることになります。

さまざまなスポーツに対応すべく作られたメッシュ加工と最高級の両面ファスナー加工でしっかりフィット!

今回は硬式野球の生徒にモニターになっていただきました。

●実験方法
高校野球部1,2年生25名を対象とし塁FH5 2 7.431Mサポーターなしとサポーターを装着した状態でタイムを比較。
サポーターは事前に申告のあった足サイズ、動きにより黒、赤、黄色の三色M、Lサイズの6パターンのサポーターから選び装着してもらう。
26.O cm以上をL26.O cIIl未満をMとする。
動きのチェックを行つてもらい動きの悪いものが捻転運動を申告したものは黄色、前後(前屈、伸展)を申告したものは黒、左右(側屈、しやがみ込み)を申告したものは赤色を配布。 特に申告のないものは黄色とした。
サポーターの装着方法はI字型のベルトを足の甲におき、外側は外課が下がらないように外躁の下後方から前方に。内側は内アーチの消失をサポートするために内狽1を引き上げるように装着を指示しました。

気になる結果はこちら PDF


ショッピング


ADORN OFFICIAL BLOG

  • 美フォームラボ
  • ビフォームビズ
  • ビコレクト
  • スポーツサポート
コンテンツ
ショッピング
推薦者の声

Facebook